マウスピース矯正はこんな方に最適な治療法です。

  • 1
    仕事上、見た目を気にする
  • 2
    矯正中もしっかりと歯磨きしたい
  • 3
    歯を抜かずに出っ歯を治したい

マウスピース矯正とは

透明なマウスピース型の装置
透明なマウスピース型の装置

マウスピース矯正とは、ワイヤーやブラケットを使わず、透明なマウスピース型の装置で歯を動かす新しい矯正方法です。目立たず、周囲の人に気づかれにくいのが特徴です。

社会人や年配の方でも負担が少ない矯正方法

これまではワイヤー矯正の見た目が嫌な場合、裏側矯正(舌側矯正)しか選択肢がありませんでした。

ただし、裏側矯正は装置が目立たないという意味では優れていますが、食事や発音がしずらいため、普段の生活や仕事に支障をきたしてしまうという欠点がありました。

人と会ったり喋る機会が多い仕事の方でも、他人に気づかれずに歯列矯正を行えるマウスピース矯正は、社会人の方や年配の方でも負担の少ない矯正方法と言えます。

装置を取り外せるのが最大の特長

装置を患者さん自身で取り外し可能なのが、他の矯正方法との最大の違いになります。

マウスピース矯正にはいくつかの種類があります。代表的なものは下記の3種類です。

  • ・インビザライン
  • ・アソアライナー(旧名:クリアアライナー)
  • ・アクアシステム

それぞれ特徴に違いがありますので自分にとって最適なマウスピース矯正を選択してください。

効果はあるの?

マウスピース矯正の効果

取り外しできることがマウスピース矯正のメリットの一つですが、だからこそ効果的な治療のためには患者さん側の努力が必要不可欠になります。

マウスピース矯正は1日の装着時間が決められています。少しぐらいいいや、と装着をさぼってしまうと、計画通りに歯が動きません。

また、難しい症例の場合は、マウスピース矯正単独では治療ができないケースもあることに注意が必要です。

どのくらいの期間通う必要がある?

マウスピース矯正の期間

マウスピース矯正の流れや治療期間は、マウスピース矯正の種類やクリニックの方針などによって異なります。

また、強制的に装着されるワイヤー矯正と違って自分で取り外し可能なマウスピース矯正は、決められた装着時間を守らないと、計画通りに歯が動きません。

計画通りに歯が動かないと歯型の採取をやり直すことにもなり、結果的に治療期間が延びてしまうこともありますので注意が必要です。

おすすめの記事

もっと知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

値段相場

値段と相場

マウスピース矯正は、マウスピースのメーカーや歯型の精度、作成回数等によってお値段が変わってきます。

マウスピース矯正は種類によって効果と値段が違いますので、事前に種類ごとの費用の相場を把握しておくことは大切です。

おすすめの記事

もっと知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

失敗しない歯科クリニックの選び方

失敗しない歯科クリニックの選び方

マウスピース矯正は、作製するマウスピースの精度が治療効果を左右しますので、治療計画の立て方や歯型の精度が重要です。

近年登場した3D歯型スキャンシステムiTero(アイテロ)についても解説します。

おすすめの記事

もっと知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

TOP