マウスピース矯正で失敗しないための歯科クリニックの選び方

マウスピース矯正が失敗するケース

マウスピース矯正が失敗するケースは、「装置をきちんと装着していない」という患者さん側の原因と、「診断の間違い」という医師側の原因の2つに大きく分かれます。

失敗しない歯科クリニックの選び方

大事なのは『診断』と『歯型の精度』

マウスピース矯正はその仕組み上、矯正治療に関する専門知識を持たない一般の歯科医でも、メーカー側の講習を受けただけで治療を提供できてしまいます。

目立たないマウスピース矯正は患者さんから人気が大変高いため、経験の浅い歯科医師にとっては、マウスピースを提供するだけで歯並びを治せるなら、と飛びついてしまうケースが多いようです。

そういう事情もあり、マウスピース矯正では治らない症例にも関わらず無理にマウスピース矯正だけで治療を開始し、ずさんな治療計画のまま失敗するケースが存在します。

マウスピース矯正の成功は、「正しい診断」「いかに精度の高い歯型を作れるか」にかかっています。

正しい診断のもと、歯としっかりフィットしたマウスピース(アライナー)を作成することで、1本1本の歯に対して正確な動きをさせることができるからです。

「正しい診断」と「精度の高い歯型採取」を行えるクリニックを選ぶポイントを、2つご紹介します。

失敗しないために(1)「一般歯科医ではなく矯正専門医を選ぶ」

矯正歯科学会認定医
矯正歯科学会認定医

マウスピース矯正にしか対応していないクリニックや、歯列矯正を専門に学んだことのない一般歯科でマウスピース矯正を行うと、歯が思うように動かなかった場合にリカバリーすることが困難です。

矯正治療は一度開始すると途中で転院することが難しいため、最初から症例経験が多く、ワイヤー矯正にも対応している矯正専門医を選ぶことが大切です。

一般の方がわかりやすい指標としては、日本矯正歯科学会の認定医を選ぶことが安心です。ただし、認定医の中にもレベル差は当然存在します。

認定医の資格を持っていることに加え、「歯列矯正を専門に学んだ医師か」「十分な臨床経験を積んでいるか」が重要です。

見た目だけでなく噛み合わせも考慮してくれる矯正医を

矯正治療の成功においては、「見た目の美しさ(歯並びを治す)」だけでなく「歯がきちんと機能するか(噛み合わせ)」も考慮する必要があります。

それには咬合に関する深い専門知識と経験が必要です。

見た目が良くなっても、歯が噛み合わなくなり、健康に支障が生じては本末転倒だからです。

矯正専門クリニックには軽い症例から重い症例まで、様々な歯並びの方が訪れるため、過去の経験と照らし合わせ、適切な診断を行ってくれることでしょう。

失敗しないために(2)「iTeroを導入しているクリニックを選ぶ」

矯正治療は日々進化しています。

数年前には出来なかったことが、新しい技術の登場で出来るようになることもよくあります。

日々の臨床経験を積むことに加え、学会で最新の知識や症例報告にキャッチアップし、新しいテクノロジーを積極的に導入しているクリニックを選ぶことが大切です。

マウスピース矯正で失敗しないための歯科クリニックの選び方としては、「iTero(アイテロ)」を導入しているクリニックを選ぶようにしてください。

iTero(アイテロ)
iTero(アイテロ)

iTeroというのはインビザラインの治療において最近登場した、3D歯型スキャンシステムです。

従来のインビザラインに比べて、歯型の精度が格段に向上することが最大のメリットです。

iTeroの導入により歯型の精度が格段に向上

iTeroで歯型の精度が格段に向上
iTeroで歯型の精度が格段に向上

マウスピース矯正では、精度の高い歯型を作ることで、より正確に1本1本の歯を動かすことができるようになります。

上の画像を見ていただくと、従来のインビザラインとiTeroで取った歯型の精度の違いは、一目瞭然だと思います。

従来のマウスピース矯正の問題点

通常のマウスピース矯正は、歯科医師の取った歯型と指示書を元に、歯科技工士が歯型に石膏などを流し込み、歯の模型を作ります。

歯の模型
歯の模型

歯科技工士は患者さんの口の中を直接見ることはありませんので、歯科医の取る歯型と指示書の精度、歯科技工士の職人技が、クオリティの高い模型を製作するのに必要です。

出来上がった模型をもとにマウスピースを作製していきますので、精度の高い模型が非常に重要で、精度の高い模型を作るには、模型を作る元になる歯型の精度が非常に重要なのです。

歯型と模型の品質にバラつきが生じる問題

しかし、歯型を取るのも模型を作るのも当然人間が行うことですので、歯科技工士の作る模型の精密さにはどうしてもバラつきが生じます。

品質にバラつきが生じやすい歯型の採取と模型の製作を、デジタル技術を駆使して行うのがiTeroです。

歯型の採取と模型の製作方法の違い
マウスピース矯正
(インビザライン以外)
インビザライン
(従来)
インビザライン
(iTero)
歯型の採取 人間が行う 人間が行う デジタル技術
模型の製作 人間が行う デジタル技術 デジタル技術

iTeroは歯型採取時の患者さんの負担も大幅に減らせる

インビザラインも含めた従来のマウスピース矯正の歯型採取は、歯型を採取するための印象材(アルジネートやシリコンなど)を患者さんの口の中に流し込み、口腔内で硬化するのを1~2分待ちます。

患者さんによってはこの時に嘔吐反応が出ることもあり、歯型採取は患者さんにとって負担の少なくないものです。

インビザラインはこの歯型採取が初回の1回で済みますが、インビザライン以外のマウスピース矯正はこの歯型採取を通院の度に行います。

iTeroでは歯型採取の際に印象材を口の中に流し込むのではなく、光学スキャン方式で立体的に歯型を採取していくやり方なので、患者さんの歯型採取の負担を大幅に減らすことができます。

従来の歯型採取の負担がiTeroで大幅に減らせる
従来の歯型採取の負担がiTeroで大幅に減らせる

まとめ

歯列矯正を専門に学び、たくさんの症例を経験している矯正専門医であること、精度の高い歯型を作れるクリニックであることが、マウスピース矯正を成功させるためのクリニック選びのポイントです。

  • 「正しい診断を行える矯正専門医であること」
  • 「精度の高い歯型採取が行えるクリニックであること」

マウスピース矯正で失敗しないために、この2点に気をつけて歯科クリニック選びをしてみてください。

TOP