出っ歯を抜歯なしで治せる可能性がある

マウスピース矯正は、これまでワイヤー矯正の見た目で矯正治療を迷っていた方でも行える画期的な治療法ですが、治療の効果だけを考えると、まだワイヤー矯正に分があるケースがあります。

ただし、治療の効果という意味でも、マウスピース矯正にはワイヤー矯正よりも優れた点があります。

それが前歯のコントロールがしやすい、という点です。

前歯だけが前傾している出っ歯の治療は得意分野

何らかの理由によって上の前歯が下の前歯よりも著しく前に出ている状態を、歯科矯正の世界では「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といいます。これがいわゆる「出っ歯」と呼ばれるものです。

出っ歯(上顎前突)
出っ歯(上顎前突)

上顎前突(出っ歯)には2つのタイプがある

上顎前突は、骨格性のものと、歯性のものに大別されます。

骨格的に下あごよりも上あごが大きく、それが原因で前歯が前に出ている場合は、マウスピース矯正だけで治療をすることは困難です。

これに対して、上下のあごの骨の大きさや位置に問題がなく、上の前歯だけが前傾しているケースなどは、マウスピース矯正の利点が活かせる得意分野です。

歯を抜かないで出っ歯を治療できるマウスピース矯正の可能性

なぜ出っ歯をマウスピース矯正で治しやすいのか

歯を抜かない出っ歯の矯正は、歯の根っこ(歯根)を動かすことで軸を変えて見た目を変える治療です。

歯というのは、骨の中に埋まっている根っこが表に見えている部分の2倍程度あります。それを動かすというのは、砂の中の棒を動かすようなもので、ものすごくパワーが必要です。

ワイヤー矯正だと歯の1点に力をかけて動かしますが、マウスピース矯正だと全体をつかんで色々な点から力をかけられますので、歯根に力をかけやすい、という点で有利なのです。

矯正歯科の世界ではトルクをかけやすい、という言い方をします。

私はこれを勝手に「grasp system(グラスプシステム)」と呼んでいます。個々の歯を指でつまむように動かしていきますので、前歯の角度も修正しやすいのです。

ワイヤー矯正だと歯を動かす指令が歯全体に影響し、前歯が前方へ傾いてしまうことがありますが、マウスピース矯正だと、1本1本の歯に指令ができるメリットもあります。

だから、前歯だけが出ている出っ歯のケースで、前歯だけをコントロールしやすいのです。

出っ歯は治したほうがいい?

日本と欧米の歯並びに対する意識の違いに注意

日本人は、出っ歯や八重歯などの歯並びについて、その人の個性や愛嬌と考えてきたところがあります。

しかし、欧米では歯並びの良し悪しがその人の文化程度を表しているというように判断されるため、歯並びが悪いと、非常に損をすることが多いのです。

特に海外赴任や海外留学された方は、帰国後、慌てて矯正治療をされる方が多いようです。

前歯は見た目のほかに、食物を切り裂く機能、発音時の空気の出入りなど、その他さまざまの機能に影響を及ぼします。

健康への影響を考えると出っ歯は治したほうが良い

出っ歯は見た目の問題と捉えられがちですが、唇が痛かったり、口を閉じれなかったり、噛み合わせが悪くて咀嚼に難がある場合は、健康にも影響を及ぼします。

これは出っ歯に限らずですが、噛み合わせが悪いと顎に負担がかかり、偏頭痛や顎関節症の原因になる場合があります

健康のことを考えても、不正咬合は治療した方が良いといえます。

おすすめの記事

豆知識コラム - 出っ歯の原因

出っ歯の原因は様々ですが、赤ちゃんの時の指しゃぶりや子供のときの舌で前歯を押すクセが原因になっているケースがあります。

そのほか、唇をかむ癖やタオルをかむ癖、また口呼吸も原因となります。

小さいお子さまの親御さんは、子供にこのようなクセが見られたときは、矯正歯科でクセの改善指導が受けられる場合がありますので、相談してみてください。

出っ歯を抜いて差し歯はNG

差し歯はNG

すぐに出っ歯を治したいからといって、出っ歯を削ったり、健康な歯を抜歯して差し歯にする治療(セラミック矯正)はおすすめできません。

たしかに短期間で出っ歯は改善されるかもしれませんが、歯の噛み合わせが悪くなり、歯が本来持つ機能を低下させてしまう恐れがあります。

抜いた歯は二度と元には戻りませんから、歯を抜かないで美しい歯並びを回復する手段がないかどうか、十分に検討するようにしてください。

ただし、見た目の問題で日常生活に支障をきたすほどつらい思いをしているようでしたら、抜歯のデメリットを十分に理解した上で、審美的な観点からそのような治療法を選ぶことも選択肢の一つです。

TOP