マウスピース矯正の値段と相場。保険は使える?

マウスピース矯正に限らず、矯正治療は基本的に保険が適用されず、自費診療となります。

例外的に保険が適用されるのは「口蓋裂などの先天的な咬合機能」、「外科的な治療が必要な顎変形症」の場合のみになります。

マウスピース矯正の値段は高い?安い?

値段と相場

マウスピース矯正は種類によって平均費用の相場が異なります。

治療方法の違いによってワイヤー矯正よりも安くなることもあれば、高くなることもあります。見えないワイヤー矯正である裏側矯正よりは安くなることが多いです。

ワイヤー矯正も含めて値段の相場を比較すると、このようになります。

アクアシステム<アソアライナー<ワイヤー矯正<インビザライン<裏側矯正
歯科矯正の値段の相場

代表的なマウスピース矯正の費用を比較

マウスピース矯正の中でも治療実績が豊富な「アクアシステム」「アソアライナー」「インビザライン」の費用の目安を表にしました。

実際の費用は各クリニックの方針や歯並びの程度により異なりますので、初診の相談時などに担当医に確認するようにしてください。

代表的なマウスピース矯正の費用の目安
アクアシステム アソアライナー インビザライン
治療費の目安 30~80万円 50~110万円
費用の総額 治療開始時にはわからない 治療開始時にわかる

アクアシステムは適応症例が限られていることもあり、費用は最も安く済みます。

3Dデータを使い精度の高い歯型を作成することができるインビザラインは、費用は高くなる傾向にあります。

費用の総額は事前にわかる?

インビザラインの場合

インビザラインは初回の歯型採取だけで治療完了までの歯の形状をコンピュータシミュレーションすることができますので、治療完了時の歯並びや、治療完了までの期間がはっきりします。

1回の歯型採取で治療終了までのマウスピースを全て作ってしまいますので、費用の総額も治療開始前に確認することができます

思ったように歯が動かなかった場合も、インビザラインには5年間の保証期間がありますので、作り直しや追加作成の費用は一切かかりません。ただし、検査費用など別途必要になる場合があります。

毎回歯型を取るタイプのマウスピース矯正の場合

通院の度に歯型を取るタイプのマウスピース矯正(アソアライナー等)は、歯の動きの程度に合わせてマウスピースを毎回作成するため、治療開始時に費用の総額を提示することができません。

「通院1回で3万円」のように、1ステップ毎の費用の提示になるため、治療が終わってみるまで総額でいくらぐらい費用がかかるのかがわかりません

治療開始前に想定した以上に時間がかかってしまい、治療完了の期間や費用の総額も当初よりも大幅にかかってしまうこともありますので、予算を立てる上では注意が必要です。

支払いのタイミングと支払方法

治療費の支払いのタイミングは、一般的に以下の4つの時点であることが多いです。

  1. 1. 初診相談時
  2. 2. 精密検査時
  3. 3. 契約時
  4. 4. 分割支払い時

支払いのタイミングもクリニックの方針により異なりますので、詳しくは受診予定のクリニックに直接お尋ねください。

ローンは組める?

治療費をローンやクレジットカードの分割払いで支払えるかどうかは、各クリニック毎に異なります。

歯科矯正の治療費は高額になりますので、マウスピースを作成する際に3分の1程度を支払い、その他は分割可としているケースが多いようです。

一括払いにしか対応していないクリニックもありますので、治療開始を決めてから慌てないよう、初診相談時に支払方法についても確認するようにしてください。

医療費控除の対象になる?

歯の治療の場合、一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません。

子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。

詳しくは国税庁のサイトでご確認ください。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1128.htm

前歯だけのマウスピース矯正は費用が安くなる

前歯だけのマウスピース矯正

前歯だけのマウスピース矯正だと通常のマウスピース矯正よりも費用は安くなります。

費用の目安としては、総額で40~50万円前後になることが多いです。

TOP